このサイト内の検索   
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
2018年 > 9月度の観察記録
9月度の観察記録
2018年9月度の観察記録です。

Untitled Page

平成30年 9月 9日(日)9:30〜13:00

作成:田畑恭子 監修:瀧川正子
写真協力:伊藤義人氏
参加者:大人 20名,子ども 7名 
天気:曇りのち大雨のち曇り

四国に上陸し北上した台風21号と北海道を襲った最大震度7の大地震。観察会直前の1週間に2つの大災害が続きました。そんな中、この日も停滞する秋雨前線の影響で天気予報は雨模様。それでも歩き始める頃にはほぼ雨は上がり、途中ぱらつく時間帯もありましたが、幸い最後まで傘をささずに済みました。

里山の家での持ち込み観察項目:ムシャクロツバメシジミ(外来種),オオシロカラカサタケ(外来種),ハゴロモ(外来種),草トランプ,セミの標本箱  

最初に里山の家で外来種のキノコの紹介があり、近くで観察できるとのことだったので見に行くことにしました。歩道の植え込みの中にそのオオシロカラカサタケがたくさん生えていました。傘の大きさはさまざまでしたが、最大のものは直径が20センチほどもありました。近くのヤブガラシではコスズメセスジスズメの幼虫が数頭見つかりました。セスジスズメの幼虫の中にはハチに寄生されて、繭を背負っているものがいました。その幼虫は生きていましたが、少し動きが鈍いようでした。

オオシロカラカサタケ(名古屋平和公園) コスズメの幼虫(名古屋平和公園) 寄生されたセスジスズメの幼虫(名古屋平和公園)
オオシロカラカサタケ コスズメの幼虫 寄生されたセスジスズメの幼虫

7月の観察会で葉の揺れ方の特徴を観察したヤマナラシの枝が台風のせいか大きく折れてしまっていました。その近くではオオモンシロナガカメムシキマダラカメムシが続いて見つかりました。キマダラカメムシは外来種で今年の観察会で何度も出会っています。

折れたヤマナラシ(名古屋平和公園) オオモンシロナガカメムシ(名古屋平和公園) キマダラカメムシ(名古屋平和公園)
折れたヤマナラシ オオモンシロナガカメムシ キマダラカメムシ

キノコにはまっているという参加者が、キノコを同定するには傘の裏側の形状を見ることが大切だと教えてくれました。傘の裏側を観察すると、ひだ状になっているものと、スポンジ状になっているものがありました。後者はイグチダケの仲間とのことでした。また、猛毒をもつテングタケも見つけることができました。

ひだ状のキノコの傘の裏側(名古屋平和公園) スポンジ状のキノコの傘の裏側(名古屋平和公園) テングタケ(名古屋平和公園)
ひだ状のキノコの傘の裏側 スポンジ状のキノコの傘の裏側 テングタケ

キノコを食べ物にする生きものにも出会いました。イグチダケの仲間のキノコのスポンジ状の傘を割くと、ショウジョウバエの幼虫がたくさん見つかりました。よく観察しようとしてもあっという間に傘の中にもぐって見えなくなりました。光を避けているのでは、という意見が出ました。別のキノコにはイセノナミマイマイが来ていて、傘の部分を食べているように見えました。センチコガネが潜り込んでいるキノコもありました。センチコガネは糞虫として知られていますが、キノコも食べるようです。

ショウジョウバエの幼虫(名古屋平和公園) イセノナミマイマイ(名古屋平和公園) センチコガネ(名古屋平和公園)
ショウジョウバエの幼虫 イセノナミマイマイ センチコガネ

クワガタがいる!」との声が上がり、コナラの木をみんなで取り囲みました。樹液に来ていたのはつがいのノコギリクワガタでした。メス、オスともに大きな個体で、子どもたちは大感激していました。そのコナラの樹皮は大きく削り込まれていました。人の手によって樹液が出るための加工がなされているようにも見えました。

クワガタがいる!(名古屋平和公園) ノコギリクワガタ(名古屋平和公園) 樹皮が削られたコナラ(名古屋平和公園)
クワガタがいる! ノコギリクワガタ 樹皮が削られたコナラ

子どもがカナヘビを捉えました。そして今月もまた若い参加者がコクワガタを採ってきました。最初はメスのように見えましたが、よく見るとアゴの小さなオスでした。近くの足元にオケラがつぼみをつけていました。昆虫にも同じ名前のものがいますよ、と教えられたので、すぐに覚えることができました。

カナヘビ(名古屋平和公園) コクワガタ(名古屋平和公園) オケラのつぼみ(名古屋平和公園)
カナヘビ コクワガタ オケラのつぼみ

アセビの花もまだつぼみでした。葉をもんで匂いを嗅いでみましたが、特に匂いませんでした。マテバシイの木を観察しているとカネタタキが飛び降りてきました。カネタタキは樹上で暮らすので、夜になると頭の上の方から鳴き声が聞こえてきます。マテバシイにはほとんどドングリがついていませんでした。

アセビ(名古屋平和公園) カネタタキ(名古屋平和公園) マテバシイ(名古屋平和公園)
アセビ カネタタキ マテバシイ

カマキリの大好きな高校生が、オオカマキリを捕まえて同定のポイントになる胸の部分を見せてくれました。帰り道のサルトリイバラの葉の上ではアオマツムシのオスがじっとしていました。里山の家に戻ると、子どもがケースに入れて持ち帰ったオオカマキリのつがいが交尾していました。写真を撮るためケースを動かしても全く動じる様子はありませんでした。今月は特に昆虫好きの子どもがたくさん参加して、にぎやかな観察会となりました。虫との出会いを楽しむ一方で、雨上がりのためか至るところでさまざまなキノコを発見し、その種類の多さにみんな驚いていました。

オオカマキリ(名古屋平和公園) アオマツムシ(名古屋平和公園) 交尾中のオオカマキリ(名古屋平和公園)
オオカマキリ アオマツムシ 交尾中のオオカマキリ

平和公園での観察項目:オオシロカラカサタケ,ヤスデ,ヤブガラシ,セスジスズメの幼虫,コスズメの幼虫,オオチャバネセセリの幼虫,寄生されたセスジスズメの幼虫,エビイロカメムシ,イセノナミマイマイ,折れたヤマナラシ,オオモンシロナガカメムシ,セスジツユムシ,コイチャコガネ,キノコ,キノコを食べるイセノナミマイマイ,ハラビロカマキリ,イチモンジカメノコハムシ,キノコの中のショウジョウバエの幼虫,テングタケ,チッチゼミの抜け殻,オンブバッタ,テングタケ,敷石の下の地盤,ハラオカメコオロギ,ミツバアケビ,ノコギリクワガタ,カナヘビ,キノコの菌糸,コクワガタ,センチコガネ,オケラ(植物),アセビのつぼみ,ネジキの実,マテバシイ,カネタタキ,スズメバチ,ルリタテハ,コムラサキ,ハギ,ヌマガエル,シオカラトンボ,アオマツムシ,カラタチ,オジロアシブトゾウムシ
 

  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

この記事の添付ファイル
ファイル名 掲載日 ヒット
ファイルをダウンロード 9月度の観察記録
2018年9月度の観察記録(PDF)です
2018-9-22 14

ページ移動
良く読まれた記事 8月度の観察記録 10月度の観察記録 次の記事